人には言いづらい水虫の悩み、でも夏は暑くて靴下なんて履いてられない!プールや海に行くなら断然サンダル!そんな時に水虫だと恥ずかしくてスニーカーにしたくなりますよね。水虫を今のうちにしっかり治して、うつらないように予防法も知っておきましょう!

海で素足で遊ぶ女性とサンダル

刺激の強い水虫は評判の良い軟膏薬で治療

水虫というのは、年齢や性別に関わり無く誰もが発病する病気です。
適している処置を施さなければ、すぐに患者の周囲の人々に広がることになります。
正しく治すためには、水虫に関して正しい知識を持つことが完治に向けた第一歩ということになります。
たとえ、症状が収まったとしても白癬菌を確実に殺菌しない限り、すぐに再び増えることになり刺激や痒みを感じます。
実は、現在においても水虫は治すことができない病気であると思い込まれている方は多いです。
実際に、現在から30年程度前までは完治させられる方法を見出すことができればノーベル賞が得られると言われてきたほどです。
ところが、今日においては治療方法が格段に進歩しているため、医師が講じる治療をしっかりと受けることにより、ほぼ全ての人々が完治させられるようになっているのです。
既に数年間評判の良い軟膏薬を塗布しているのにも関わらず、良くなる気配が感じられないという場合は、自己判断が誤っている可能性が高いです。
いつまでも症状が良くなる兆しが感じられない時は、一度皮膚科にお世話になりましょう。
また、既に皮膚科を受診しているのであれば病院を変えてみるということも効果的です。
そもそも、水虫になってしまうのは白癬菌と呼ばれる真菌が関係しているので、汗は関係ありません。
発汗により蒸れが生じてしまうため水虫になってしまうと考えられることがありますが、細菌が増えることにより発生するのです。
この細菌は、皮膚の最外部に存在している角質を好む傾向にあり、角質に根を張ることにより増えていくという性質があります。
そのため、根が深くなるほど軟膏薬などが届きにくくなり、治しにくくなるのです。

上へ戻る